新人ですが薬剤師の仕事が辛いので辞めたいです

新人で薬剤師として働き始めたものの、辞めたいと思うことってありますよね。私もあなたと同じように、新人で薬剤師として働いていましたが、入社してから1か月で辞めたくなりました。

だから、あなたが今とても辛い気持ちだということをよく理解できます。

やはり薬剤師というのは、常に集中しておかなければいけない職業ですし、新しい知識が入ってきたらすぐにそれを覚えていかなくてはなりません。その作業はとても大変であり、想像以上にきついものです。

私は新人で薬剤師として働いていた時には、毎日が勉強の日々でした。私は大学で一生懸命薬学の勉強をしてから試験にもいい点数で受かることができたので、自分に自信がありました。

しかし実際に現場で働いてみるとわからないことだらけであり、常に勉強をしていました。仕事をしながらわからないことを学んでいくというスタイルに、心がついていかず、神経をすり減らす毎日でした。

そのような不安定な精神状態で仕事をしていたので、私は、薬の処方箋の読み取りのミスをしてしまいました。

薬剤師としてそれは絶対にしていけないミスであり、私はとてもへこみました。そのことに関しては上司からも、かなり叱られてので、私はもう薬剤師には向いていないから、辞めたほうが良いのかもしれないと思うようになりました。

そのようなときに上司が、私を食事に連れて行ってくれました。

その上司は、仕事中にはとても厳しい人だったのですが、私が辞めたいという話をすると親身になってから聞いてくれました。

その上司は、人間だからミスはあるのは仕方ないから同じミスをしないようにしようと言ってくれました。なので、私はその言葉を聞いてから同じミスはしないようにすることを決心しました。

それからは、薬剤師を辞めたいと思い悩むようなことはなくなりました。

あなたも私のように新人ということで、たくさんの悩みを持っていると思います。それを一人で抱えてしまうと、どうしても辞めたくなってくると思います。

そのようなときには、信頼できる職場の上司に相談をしたり、不満や愚痴を聞いてもらったらいいでしょう。

そうすれば上司はあなたに対して貴重なアドバイスをしてくれると思うので、不安は解消されてから辞めたいと思うことはなくなるでしょう。

このようにしてから、あなたは新人の薬剤師として自信を持って働けるように毎日を大切にしていくことができると思います。

新人で仕事を辞めたいときに真っ先にやるべきこと

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ