新人ですが退職するタイミングを教えてください。

新人としていざ入社してみて、思っていた内容と違ったり、面接で聞いていた内容と違ったり、予想していた仕事内容ではなかったりと、様々な事が原因で理想と現実の違いを知り退職を考えてしまう事ってありますよね。

私も新卒で入社した会社を1週間で退職しておりますので、どうして退職したいと思ってしまうのか、いつ退職すれば良いのだろうという気持ちもよく分かります。

本来であれば石の上にも3年という言葉がある様に、辛くても3年程度は勤めた方が良いと言われておりますが、実際問題無理やり耐えてあなたが体を壊してしまっては、何にもなりません。

極論ですが3年勤め上げて、病気になってしまった人と、直ぐに退職してしまった元気な人でしたら、企業は後者を採用します。

それ位体というのは働く上で重要なものとなります。なのでもう退職というのを決めたのであれば、即行動に移るのが吉だと思います。

勿論その会社に迷惑がかからない方法が理想ですが、正直な所新人の時に退職するのであれば、まだ仕事をそこまで任せている重要なポジションでは無い事が多いと思います。

なので悲しいですが退職してしまっても、そこまで企業としても困らないという所もあると思いますので、退職を決意したのであれば即行動に移るべきだと思います。

もしもう少し耐えてからと思い1ヶ月耐えてから行動した所で、次の就職先の評価は何も変わりません。

1ヶ月程度の職歴の違いは企業からしてみれば些細な中の些細問題なのです。早期退職で次の就職先が多少不利になってしまうのは、どちらにしても一緒なのです。

それならば直ぐにでも行動に移る方が意味の無い期間を減らす事もでき、とても合理的であるといえます。

なのでもし退職が決定事項であれば、行動は今です。後々に引き伸ばした所で報われる人は誰もいないのです。

今の会社からしたら、退職するのにその人に労力を割くという事は避けたいのが現実でしょうし、あなたも退職を決めた会社でずっと働いていても意欲的にも働けないでしょうし、集中もできませんよね。

なのでお互いの為にも、もし決めたのであれば即お伝えするのが最も良いタイミングであるといえます。

勿論言い辛いと思う気持ちも分かりますし、言いたくないと思う気持ちもありますよね。ですが退職する以上は避けては通れない道ですので、そこはその場で行動してみて下さい。

あなたの人生はあなたのものです。その会社の為の人生ではありません。労働者には好きな時に退職する権利をちゃんと持っております。

なので自分の権利を行使するだけですので、何も後ろめたさを感じる必要は無いのです。あなたが幸せになる為にも、そこはしっかりと早期に動いて次の道で幸せをちゃんと掴んでくださいね。

新人で仕事を辞めたいときに真っ先にやるべきこと

まずは、新人で転職できるか要チェック

もし、今の仕事を辞めたいなら、ミイダスを使い新人で転職できるのか。転職できたとして、どのくらいの年収で転職できるかを確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

また、診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、新人で退職した先輩たちの転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ