新人ですが仕事のコツを教えてください。

新人として大きな夢を抱いて就職し、職場での仕事を始めたものの、仕事を上手く身に付け、こなすコツが分からず、空回りばかりしていると思い悩む事はよくある事です。

上手く仕事が覚えられなかったり、教えてもらった事が上手くこなせなかったりして、先輩から怒られたりすると委縮して益々ミスを犯したりもするものです。

社会人としてスタートした頃には、誰しも経験するもので、上手にこなせないからと言って、深刻に悩む必要はありません。悩むより、少しでも効率良く仕事を習得する自分なりのコツをつかむ事に努力しましょう。

世の中の仕事には多種多様なものがあり、こうすれば仕事が上手く行くと言う事は、その仕事によって大きく異なります。しかし一方で会社員として仕事を習得するために共通して言える事もあります。

ここでは、そんな共通的なコツを考えて見ましょう。

まず先輩から仕事の指導を受けた時には、完全に理解できないなら、理解できるまで徹底的に質問して完全に把握する事です。先輩にとっては習熟した仕事の為、説明が不十分な事が多いのです。

何事も適当な理解ではなく、徹底的に理解できるまで確認して仕事に取り組むべきです。年次を重ねてから聞き直す事はできなくても、新人時代には許される事なのです。

こうして理解した仕事のやり方は、手順など忘れないようにメモを取って置く事も必要でしょう。

次に会社員の原則として良く言われる報・連・相は新人の時代から上手にこなせるように意識した方が良いでしょう。

この報・連・相が適時上手くできる事で、先輩や上司と意思疎通を図れ、無理な仕事を押し付けられたり、仕事が終わっているのに放置されて仕事が与えられないと言った不満を抱く事が少なくなるのです。

指導している先輩や上司は、あなたの指導のみが仕事ではなく、自分の仕事を持ちながらプラスで指導している事が普通な為、仕事が終了すれば報告し、次の仕事の指示を受けるようにすべきなのです。

先輩や上司が忙しくしているのを見て、報告しないと次の仕事を与えられぬまま放置され、悩みの種になったりするのです。タイミング良く報告する習慣を付ける事が重要です。

また与えられた仕事を十分理解したつもりで始めても、途中で疑問点にぶち当たった場合には、相談する事も必要です。

あれだけ説明したのにと嫌味を言われようが、格言にあるように聞くは一時の恥、聞かぬは末代の恥と思って、相談し聞き直す事も重要です。

新人らしい元気さを失わず、大きな声であいさつする習慣などを身に付けていれば、少々の戸惑いや覚えの悪さは、新人として大目に見てもらえるのが一般的です。

色々と思い悩むより、前記のコツなどを参考にしつつ、若者らしくぶつかって行けば、道はあなたが思い悩んでいるよりも簡単に開けて行くものです。

新人で仕事を辞めたいときに真っ先にやるべきこと

まずは、新人で転職できるか要チェック

もし、今の仕事を辞めたいなら、ミイダスを使い新人で転職できるのか。転職できたとして、どのくらいの年収で転職できるかを確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

また、診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、新人で退職した先輩たちの転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ