新人ですが仕事のもらい方を教えてください。

新人の成長に興味を持てないほどノルマなどで所属する人間は切羽詰っている部署などに配属された場合、いちいち新人に仕事を振る、というような余裕も考えもないことが往々にしてあります。

私も、新卒で入社した会社で最初に配属されたのが、専門性を要求される部署で、メンバーは自分に与えられたミッションを黙々とこなす、という風土でしたので、自分が何をしていいのかわからず、途方に暮れたことがあります。

ですので、あなたの戸惑っている気持がよくわかります。

そんな時にどうしたらよいのか、私の経験をベースにお話しさせていただきます。

まずは、ごく初歩というか、当たり前のことですが、先輩や上司に「何かお手伝いすることはありませんか」と自分から積極的にアプローチすることが1番です。

意外に相手は、新人のことに関心がなかっただけで仕事を振っていない場合もありますので、「それならこの仕事をやって」となるケースも多いです。

それでも、「いや仕事はないよ」と言われてしまう場合、「本でも読んでいて」と言われてしまう場合、これは帰ってチャンスだと思いましょう。

つまり、会社に関係することなら、何をしてもいいというお墨付きですから、自分の将来のためにしっかり勉強する時間を与えられたと考えることです。

たとえば、自社の商品をまずしっかりと勉強します。場合によっては、開発した人、工場で組み立てている人などのところまで訪問して、製品の特長を聞き出すのもよいでしょう。

その上で、他社の同等品を調べます。自社と比べてどこが強いのか、あるいは自社が勝てるこてゃ何なのか、などはしっかり押さえたいポイントです。

そういうことを自分で調べて整理することで、これから仕事をしていくうえで重要な「自分で調べて、自分で考える」というスキルが身に付きます。

その上で、その内容を整理して、上司なり先輩に、少し時間をもらってプレゼンしてみてください。

相手は意外なあなたの能力に驚いて、それならこの仕事もしてみて、ということになるかもしれません。

ちょっと遠回りに様にも感じますが、あなたのスキルが上がって、それで仕事が来るようになる、という意味では、1番よい対処法かもしれません。

それをしてもまだ仕事がない場合。それは、その部署には新人がする仕事はないということですから、人事部に行って、状況を報告し、異動願いを出しましょう。

社内にはもっとあなたを必要としている部署があるはずですので、それが会社のためでもあります。

以上のステップを踏んで、スキルを持って、向こうから仕事を頼んでくる人材になるちゃんが今だと考えて頑張ってみましょう。

新人で仕事を辞めたいときに真っ先にやるべきこと

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ