新人で栄養士の仕事が辛いので辞めたいです

憧れの栄養士の仕事についたのに、思っていた内容と違うことってありますよね。

病院であれば栄養指導、高齢者施設であれば栄養ケアマネジメント、保育園であれば食育といろいろやりたいことを描いて仕事についたのに、待っていたのは思っていた栄養士業務とはかけ離れてたり。

私はこの仕事をするために栄養士になったわけじゃないのにな~と思うこともあるでしょう。

私もあなたと同じように新人栄養士として頑張るぞ!と夢を抱いて勤めましたが思っていたのと全く違い、実は初日で辞めたいと思いました。しかも辞めたい、辞めたいと思い続けたのは3ヶ月も続きました。

仕事に行くのが嫌な日ばかりで夢になで仕事が出てくる日々でした。あなたのお気持ちは良くわかります。ただ今辞めてしまのはとってももったいないと思います。

私自身今振り返ると、辞めたいと思っていた職場で4年間仕事をし続けたことが、現在の私の仕事にとても役立っています。もしあのときにすぐ辞めてしまっていたら、きっと今の私はいないと思います。

短大や専門学校の卒業だと管理栄養士の国家試験を受けるために実務経験が必要です。

2~3年と働きながらの勉強は大変ですが、働きながら難問とも言われている管理栄養士の国家試験に合格することは一生涯忘れない思い出となり、また今後の自分への励みになります。

仕事をしていると、私はこのままで本当に大丈夫かな?栄養士として働いているのかな?と不安になると思います。

良く「石の上にも3年」と言いますが、同じ職場で1年2年3年と辛抱強く頑張ってみてはいかがでしょうか?実は私が上司から言われた言葉です。

私は初日に辞めたかったので、上司に3日間頑張れ、1週間、1ヶ月、3ヶ月と少しずつ期間を長くしながら続けていきました。

すると時間がたつと、携わる仕事が増えるほか、患者様や高齢者の方々のことを思いながら仕事ができるようになってくるので、「あっ、栄養士として働いているかも!?」と感じる日ができてきます。

この仕事は栄養士の仕事?と思うことでも続けていれば、決して1つも無駄にはなりません。不安になったり辞めたいと思った時は是非、私はなんで栄養士になったのかな?と振り返ってみてください。

そうするとやる気がまた出てきます。しかし続けるか辞めるか、答えを出すのはあなたです。

ただせっかく栄養士として働きたいという夢を抱いて栄養士になられたので、是非今の辛い気持ちを乗り越えて、食事で悩んでいる方々のサポートができる素敵な栄養士になってくださいね。

新人で仕事を辞めたいときに真っ先にやるべきこと

まずは、新人で転職できるか要チェック

もし、今の仕事を辞めたいなら、ミイダスを使い新人で転職できるのか。転職できたとして、どのくらいの年収で転職できるかを確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

また、診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、新人で退職した先輩たちの転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ