新人で医療事務が辛いので辞めたいです

医療事務に働き始めて辞めたいと悩むときって必ず皆さんあります。私もそんな時はありましたし、あなたもそんな事を感じ始めているのではないですか。

働き始める時に抱いていた患者様のために少しでもお役にたちたいと心に強い決意を持ち入職されたと思います。

私もあなたと同じように強い決意を持ち病院の医療事務という職に入りました。しかし、患者様のためと思っていた仕事も、少しずつズレを感じ最後にはイメージと違いすぎて辞めたい。と考えるようになりました。

だから、あなたの感じている心のモヤモヤ感ですが、私にはわかります。

しかし、新人の段階で医療事務を辞めるにはまだまだ、早すぎます。なぜなら、医療事務の仕事の本質に飛び込んでいないからです。これから仕事が楽しくなります。

今、あなたがこのように感じているのは恐らく新人で入職して社会人としても少し余裕が出始め、尚且つ与えられた仕事も慣れてきて周りの人が何をしているのかなどの状況を見ることが出来ているからだろうと思います。

ですので、どうしても余計なものが見えたり、考えてしまったりしてしまうのだと思います。しかし、あなたは医療事務の楽しさをまだ、理解していませんし私たちに事務員にも患者様の病状を改善できる事を知らないでしょう。

患者様に対して事務員の出来る事それは、元気に患者様と接して気持ちを少しでも和らげてあげる事です。そんな事って思っているかもしれませんが、意外と大変なんですよ。

患者様の名前を覚えたり、その患者様と来院された際にお話ができるようになる。患者様の心の中に入っていくのは非常に難しいことで、昨日心に入ったようにあっても今日はまた、警戒されるなんてことは当たり前の話です。

その中で患者様に警戒されずにお話ができるようになるにはやはり、相手からの信頼が大切です。その信頼を頂けたとき、患者様が来院した時にあなたの名前を真っ先に呼びだしてくれるでしょう。

その時に嬉しさはたまらないですよ。

最終的には退職するしないはあなたの自由かもしれません。でも、患者様のため何かをしたい、と強い決意で入職したのなら何か患者様のためにできる事を見つけてそれを実行してみてからでも遅くないのではないでしょうか。

そして、必ず今までにない達成感を感じれることと思います。その達成感を味わった後、それでもギャップが大きくある。と思われるのであればそれから検討してみてもよいのではないでしょうか。

新人で仕事を辞めたいときに真っ先にやるべきこと

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ