新人ですが2週間で辞めたいです。何かアドバイスをください。

新人が2週間で辞めたくなるときってありますよね。希望に燃えて入社したのに、現実と理想の違いを感じて辞めたくなることは珍しくありません。

実は私も入社して2週間で辞めたくなったことがあります。私の場合は1週間で違和感を感じ、2週間経つ頃にはもう会社に行きたくなくなっていました。そのため、あなたのお気持ちを理解できます。

もし2週間で辞めたくなったら、自分が辞めたいと思う原因を分析してみましょう。分析といっても何も難しくはありません。

辞めたくなった原因が、その会社特有のものであるか、そうではないかを考えるのです。例えば、食品メーカーに勤めていて、食品の匂いに耐えられなくて、退職したいと思ったとします。

これは会社特有の問題であるといえます。なぜなら、食品メーカー以外の会社に勤めれば解決する問題だからです。その場合は、退職を前向きに考えても間違っているとは言えません。

しかし、上司との相性が悪かったり、人付き合いが苦手だったりする等の理由であれば、それは会社特有の問題であるとは言えません。

転職したとしても、きっとまた同じ問題に遭遇します。今の会社を辞めてしまった場合、次の会社で同じ問題が生じた場合、また辞めることになってしまうでしょう。

そうは言っても、上司の人格に問題があるなど、どうしても耐えられないこともあるでしょう。そういう場合は、会社の人事部等に相談することによって、問題を改善できる可能性があります。

つまり、上司との相性が悪いなどの問題で悩んでいる場合は、辞めること以外でも解決できることがあるのです。

そのため、退職という安易な解決方法を選択するのは、お勧めできません。辞めたい原因が会社特有の問題であれば、辞めることでしか解決できないこともあるでしょう。

しかし、それ以外の問題であれば、どこに行っても同じことの繰り返しになるかもしれません。もし上司との相性に悩んで辞めたいのであれば、人事部や他の上司、先輩等に相談してみると良いでしょう。

仕事量に不満があるなら上司に申し出てみましょう。人間関係悩んでいるのであれば、3ヶ月は様子を見るつもりで我慢した方が良いです。

2週間では十分なコミュニケーションが取れておらず、人間関係はこれから構築されていくと言えるからです。

以上のように、辞めたい原因の分析を行ってみてください。原因が会社特有のもので無ければ、まずは退職以外の方法で解決を試みた方が良いといえます。

新人で仕事を辞めたいときに真っ先にやるべきこと

まずは、新人で転職できるか要チェック

もし、今の仕事を辞めたいなら、ミイダスを使い新人で転職できるのか。転職できたとして、どのくらいの年収で転職できるかを確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

また、診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、新人で退職した先輩たちの転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(診断時間は約5分です)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ