新人ですが仕事で迷惑ばかりかけていて辛いです。どうしたらいいでしょうか?

新人のときは、「仕事で迷惑ばかりかけていて辛い。どうしたらいいんだろうか?」と悩みがちなものですよね。私もそうでした。

同じ悩みを今抱いているあなたもその一人。つまり、結構多くの人が、新人時代は「周囲に迷惑をかけて辛い」と感じるものなんですよ。

私の場合は、先輩からかなりきついことを言われ、深刻に落ち込んだものです。その時、私を救ってくれたのは、別の先輩でした。その時の経験から、同じ悩みを抱えているあなたにささやかなアドバイスをさせてください。

まず、「あなたが思っているほど、周囲の人は迷惑と感じていない」ということ。中には周囲の人に多大な迷惑をかけてしまう失敗もあるでしょう。けれど、それにしたところが、周囲の受ける迷惑は、あなたが考えているよりは小さいのです。

なぜか? それは、「そもそも会社は新人に、それほど重要な仕事をさせていないから」なんですよね。アルバイトなどだと、かえって新人がかなり責任の重い仕事をさせられることもあるでしょう。

けれど、社員の場合は、新人時代にすぐ、重要な仕事を任されることはほとんどありません。

簡単な仕事、責任の軽い仕事からスタートし、仕事を覚えながらキャリアアップをしていくというのが、一般的な社員のあり方なんですよ。

一度、自分のやっている仕事について、客観的に評価してみましょう。それほど重要な仕事ではないはずです。

少なくても、あなたのミスがそのセクションにとって重大な問題を引き起こしたり、上司が責任を取らなければならないほど致命的な影響を及ぼしたりするような仕事ではないですよね。

つまり、そもそも会社はあなたに、「先輩や上司がリカバリーできる範囲の仕事」しか与えていないんですよ。

私を責めた先輩のように、不快感を口にする先輩はいるかもしれません。けれど、その先輩にとってもあなたのミスは、それほど大きな痛手にはなっていないと思いますよ。

私を救ってくれた先輩は、こうも言ってくれました。

「そんなことを心配する必要はない。心配したり悩んだりしている時間があるなら、その分、少しでも早く仕事を覚える努力をしてくれたほうが、チームにとって有用だよ。前進あるのみ!」

これはほんとうにありがたい言葉でした。たしかに、「周囲に迷惑をかけてばかりで辛い」と悩んでいても、周囲にとって何のプラスにもなりませんよね。もちろん、あなた自身にとっても、そんな悩みは無益なことです。

それよりも、「早く一人前になって、迷惑をかけないようになろう」と考えたほうがいいに決まっています。「新人が迷惑をかけるのはあたりまえだし、たいした迷惑をかけてはいない。

だから、悩んでいる暇があったら、努力をして、一人前になること」、これが私からあなたへ送るアドバイスです。その意識さえあれば、かならす前に進めますよ。

新人で仕事を辞めたいときに真っ先にやるべきこと

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ