新人ですが仕事がうまくいかないので辛いです。何かアドバイスをください。

新人で仕事がうまくいかなくて辛いときってありますよね。マスターしなければならないことが非常に多くて困る人が少なくありません。

実は私もあなたと同じように、新人の頃に仕事がうまくいかなくて辛くなったことがあります。先輩社員たちが当たり前のようにしていることが出来なくて、よく悩んだのを覚えています。

しかし、次のようにすることで状況を打破できました。その方法をあなたにもお伝えしたいと思います。

新人はいろいろなことを覚えなければなりません。しかし、一度にいくつものことをマスターするのは難しいです。そのため、覚えることに優先順位を付けるのです。

会社はそのような悠長なことを認めてくれないかもしれません。そのため、自分の心の中で決めるだけで良いです。

仕事である以上、優先順位が低いものについても、必要があれば実行していかないといけません。しかし、優先順位が低いものでミスをしても気にしないようにするのです。

その代わり、優先順位が高いものについては、完全にこなせるように努力しましょう。優先順位は人によって異なるでしょうが、一般的に早くマスターした方が良いものがいくつかります。

新人はどこに行っても自己紹介をさせられます。自己紹介は非常に重要です。最初の印象が悪ければ、仕事を任せてもらえない可能性もあるからです。

そのため、自己紹介の原稿を作って覚えておくと、咄嗟の場合にも困らないので便利です。また、会社では「ホウレンソウは重要だ」とよく言われますが、報告・連絡・相談の習慣は出来るだけ早く身に付けおいた方が良いでしょう。

上司は、自分の部署の新人が何に取り組んでいて、何を悩んでいるのかを知りたいと思っています。

もしあなたが上司とコミュニケーションを十分にとっていないと、上司は不安に思ったり、苛立ちを感じたりします。

新人の時だけでなく、報告・連絡・相談は会社員である以上、必須であるといえるので優先順位を高くして身に付けましょう。

また、優先順位が高いものとして、ビジネスマナーがあります。新人の頃はまだ大目に見てもらえることが多いですが、第一線で活躍するためには絶対に必要になるものです。逆にいうと、ビジネスマナーを身に付けない限り、一人前にはなれません。

以上のように、焦らずに優先順位を付けてマスターしていきましょう。特に新人にとって、自己紹介、ホウレンソウ、ビジネスマナーは重要なので、優先順位を高めに設定すると良いです。

これらをしっかりと習得しておけば、スムーズに他の内容もマスターしていけるはずです。

新人で仕事を辞めたいときに真っ先にやるべきこと

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ