仕事が辛い新人に伝えたい5つのアドバイス

d70c09c360354535229ac9931daba470_s

今すぐにでも仕事を辞めたい方はこちら

働き始める理由は人それぞれですが、1人の日本国民として生きて行くには、どこかで働かなくてはなりません。

働いて、その対価としてお金を頂いて、税金を納めて、残った分で自分の生活を組み立てる必要がある為です。自営業者とサラリーマンでプロセスは変わりますが、共通している話と言えるでしょう。

しかし、勇んでやり始めた仕事も常に高いモチベーションを保つのは難しいと言えます。時にはとても辛く感じる事もあるでしょう。

  • ミスをしてしまった。
  • 職場に苦手な人がいる・・・
  • 心身の疲れが取れない・・・
  • 仕事が楽しくない・・・
  • もう辞めたい・・・

など辛く感じる理由は人それぞれですし、その人の環境によっても日々変化します。今回はそれらについて、少しアドバイスを行いたいと思います。

①ミスをしてしまって辛い

最初の頃は不慣れな事もありますし、仕事の内容も少しずつ段階的に教わっているのであれば、いきなり大きなミスをする事も少ないかなと思います。

なので、どちらかと言えば少し慣れてきた頃にその時は訪れるかもしれません。大きなミスをする事によって、勤務先の内部にも外部にも影響する可能性があります。誰でも嫌ですよね。

ですが、一度逆に考えてみて下さい。ミスを全くしない人間の方が稀なのです(寧ろそんな人は居ないと言っても良いです)。

つまりは、誰しもがミスをし、その度に乗り越えながら進んでいるのです。大切なのはミスをしてしまって悩み続ける事よりも、それによって出る影響を最小限に留め、次からはそうならないように対策をする事なのです。

上司や先輩、同僚にも冷たい目で見られるかもしれません。容赦の無い罵声を浴びさせられるかもしれません。

でもそれは、多くが自分で招いてしまった事なのです。気持ちを切り替え、今出来る最善の事を考え、取り組んで下さい。

そうする事で周囲の目も変わりますし、もしかするとそれは、自分自身が成長出来るチャンスなのかもしれません。

②職場に苦手な人がいて辛い

職場とは書きましたが、取引先や関係先にも、どうしても顔を合わせなくてはいけない人って居ますよね。その人が自分にとって苦手であれば苦手であるほど。

顔を合わす頻度が多ければ多いほど、それだけで憂鬱になりがちです。

しかしながらどうでしょう、接する人全てが自分にとって良い人ばかりの環境って、果たしてあるのでしょうか?

それはおそらく無いと思います。理想を言えばそうなのかもしれませんが、それは身勝手な妄想です。

それでは、その人をどうにかして性格的に変えてみましょうか? それとも違う人に替えて貰いましょうか?

どちらも絶対に無理だとは言いませんが、その為には時間も労力も沢山必要です。頑張っても実現できない可能性すらあります。

なので、対象を変えるのです。自分自身を変えるのです。この先どんな人が自分の前に表れたとしても、自分自身が柔軟に対応出来れば、殆どの場合は乗り切れます。

そしてその為の労力は、周囲の環境を変えようと頑張るよりも遥かに少ない労力で済むのです。そのスキルを見に付ければ、対人関係で大きく悩む事は殆ど無くなります。

③日々の心身の疲れが取れなくて辛い

肉体労働であれば身体を使いますし、サービス業等で常に気を張る場合は精神的な疲れが大きくなりますよね。

身体の疲れであれば、日々の良質な食事と睡眠で多くの場合は回復が見込めます。生活サイクルを見直し、体力の回復を意識した生活を心掛けて下さい。

蓄積するとそれだけ回復に時間が掛かりますし、疲労から事故を起こし大怪我をしてしまう場合もあります。出来る限りその日の疲れはその日のうちにとるようにし、日々のコンディションを維持しましょう。

食事も疲れているからと偏りがちなケースが見受けられますので、補助的に酢やレモン汁、きな粉等を意識的に取り入れて、疲労回復効果の高いクエン酸や、体組織の組成に必要なたんぱく質を摂るのもおススメです。

ヨーグルトで腸内環境を整えるのも良いですね。

半面、精神的な疲れは身体を休めてもあまり取れません。それも良いのですが、大切なのは頭と心をリフレッシュする事ですね。

日々の生活の中でそれを実現するには、小さな幸せを意識する事が有効です。毎日のコーヒーが美味しいと思えるだけでも違いますし、天気が良いから今日は何か良いことあるかも思うだけでも気持ちは上向きます。

帰宅してからのお風呂が至福の時間だと感じていれば、その日の疲れも和らぎますね。アルコールが好きならそれもまた良いです(但し適量まで)

お買い物や旅行も勿論有効なのですが、時間もお金も必要になるので、それらだけで解決するのはおススメしません。

買えなかったり行けなかったりするとそれ自体がストレスになりますし、エスカレートして実現の為にと大きな借金をしてしまっては、何れ終わりが来てしまいます。

どちらの疲れも日常の中で無理なく緩和できるようになれば、日々のコンディションは良好に保てます。良い仕事をすれば、休日も充実するでしょう。

そして休日が充実すれば、仕事も充実してきます。

④仕事が楽しくなくて辛い

仕事をしていて楽しいと思えればそれはとても素敵なことですが、多くの場合はそうではありません。反対にとっても忙しくて休みさえままならない人でも、楽しいと感じている人もいます。

何だか矛盾していますが、実際そうなのです。

今やっている仕事が楽しいと感じる為には、その仕事のことをキチンと理解しなくてはなりません。

理解した上で取り組み、納得のいく結果が出た場合は自分から自分へ「よくやったと!」と褒めたり、場合によっては周囲が認めてくれるかもしれません。そしてそれこそが充実感に繋がり、仕事の楽しみを感じる瞬間なのです。

楽な環境ばかりを求めていると少々の困難が辛く感じますし、困難に慣れている人にとってはたまに楽な時があるとそれだけで得した気分になれます。

自分の理想とする仕事ではなかったという人が見受けられますが、実際のところは職種や職場環境が原因では無く、その人の理想が辛さと無縁のパラダイスなだけだったという場合が多いです。

理想の職業であれ、辛さは付き纏うものです。

どんな小さな仕事であれ、その仕事のもつ意味を理解し、自分の仕事で誰を喜ばせるのかを考えると、意外とどんな仕事でも楽しく感じます。

楽しくないと思った時、自分の仕事について今一度振り返り、理解を深めてみてはどうでしょうか。

⑤それでも辞めたい場合

ここまでお伝えしましたが、もしかすると考えを改めることの出来そうだと感じるかもしれません。

共通して言えることは、自分にとって辛いと感じた時に何が辛いのかを考え、その為に自分がどうすればそれを改善出来るのかを導き出すことです。周囲を変えるのではなく、自分が変わるのです。

そして気が付けば、周囲も変わってきます。

但し、何れにしても直ぐには変われませんし、変わりません。どうしてもある程度の時間が必要です。それに耐えられるかどうかも、人によって違います。

なので、どうしても無理だと思った時には辞めることも必要です。自分の中で何かが大きく壊れてしまってからでは修復も困難ですし、それは誰も望んではいません。

ただ、これだけは言わせて下さい。辛いと感じた時の解決策は、『辞めること以外にもある』のです。

そのため、辞めるという決断の前に、今一度模索してみて下さい。

今すぐにでも仕事を辞めたい方はこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ